セルフイメージを高めるとどうなるか?



セルフイメージを高めることで得られることは何か?
ということについて改めて考えて行きましょう。


NLPでは、セルフイメージを高めるために、
いろいろな角度からアプローチする方法があります。
その結果、人生がとても輝き出す方が多いのです。


では、どのように変化があるのかをNLPセミナーに
参加して、その後の変化から見ていきましょう。


・自分を認めることができるようになった
・人生を信頼出来るようになった
・肩の力が抜けて、自然な自分で生きています

・コミュニケーションで自然に人と話すことができるようになった
・自分次第で人生は変えていけることが分かった
・毎日が、意味もなく楽しくなってきた

・セルフイメージを高めるために必要なことは何か?
 という考え方が身について来ましたので、取り組むことが明確になっている

など、他にもたくさんあります。



実は、NLPでセルフイメージを高めることで、
問題の解決や目標の達成に役立つだけではなく、
セルフイメージを高めることで、

・今までとは違った取り組み
・今までは、やりたくても避けていた取り組み

などにも一歩踏み出していきますので、
人生の体験や経験に変化が起きてきます。


そして、そのような取り組みを行う時、
なんとも言えない心の充足や、満たされた気持ちを味わう方も多いです。
もちろん、新たな取組は楽ではありませんが、楽でないほど、
感じることのできる充実感も高まってきます。


NLPでセルフイメージを高めることは、
そういった体験も通して、人生を豊かにしていきます。


違いを作っている違いを身につける



20対80の法則をご存知でしょうか?


パレートの法則と言われています。


これをビジネスや仕事の世界で表現すると、
全体の20%の理由があって、80%の売上が立っています。
そして、残り20%の売上は80%の理由が集まってできています。


では、NLPに当てはめていくとどうなるのでしょうか?
それは、あなたが望んでいるGOALを手に入れるために必要な
20%の理由に目を向けることです。


結果の違いを生み出している違いに目を向けて、
それを身につける・行動するということです。


この点を意識した時に、あなたのアンテナに引っかかる情報が変わります。


では、20%の理由に該当する要素は、NLPの中にあるのでしょうか?
実はあります。とても大切な要素があります。


例えば、

・NLPのコミュニケーションスキル
・セルフイメージ
・ビリーフ

この3つは特に大切です。


そして、世の中には、NLPを学び、活用して結果を出している方が
多くいらっしゃいます。その中で、業界で突き抜けている方もいます。
突き抜けた方は、本当に結果を出しています。


そういう方を参考にすることで、見えてくることは、
NLPの内容を活用することで、20%の要素や20%の要素を
より活かすための学びを得ることができます。


まずは、20%の理由に目を向けましょう。
意識していると、見つけることができます。


そして、20%の要素を大切にしているうちに、
あなたは結果を出し、力もつけている状態を手に入れていることでしょう。


生活改善をしてセルフイメージを高める



生活改善を進めていくことで、あなたのセルフイメージを
高めていくことができます。ここでは、2つの生活改善について
お話していきます。


1、あなたのセルフイメージを下げている生活を改善する
2、今以上に、セルフイメージを高める為の生活を改善する


しかし、こういう疑問も出てきそうです。


今、生活面では特別困ってもいなければ、不満もない私が、
どうして、今、生活改善をしなければいけないのか?



この問いにお答えする形でお話していくと伝わりやすいかと思います。


理由は、先ほどの2つです。
NLPのセルフイメージを考えた場合、あなたの生活自体が
不満がなく、困ったことがなくても、改善することで、
人生では大きな変化と成果を得ていくことができます。


NLPセミナーでは、セルフイメージを学ぶ際に、
セルフイメージ通りの人生を引き寄せると話してくれます。
そして、セルフイメージ以上のものは手に入らないと教わります。



お伝えしたいのは、NLPのセルフイメージを高めることが、
あなたにとってとても重要であるということです。そして、
生活環境により、セルフイメージは無意識に影響を受けているからです。


NLPのセルフイメージは、気づいたら下がっていることは多々あります。
ですから常に、マイナスの要素を解消して、常にベストな状態に
していくことが大切です。


そして、どんな環境に身をおくかで、セルフイメージは変わります。
あなたが見本にしたい人達と過ごし、付き合ううちに相応しい
セルフイメージが育まれていきます。


NLPのセルフイメージと生活改善は密接に関係しているのです。


優秀なマニュアルや基本を学ぶ



基本を学んで行きましょう。


NLPセミナーで学ぶ内容もそうですが、
何かを新しく学ぶ際には、基本が大切になります。
そして、その基本がしっかりできていると、そこから
得られるものがあります。


それは何だと思いますか?


それは、余裕や工夫、アイデア、対応力、
臨機応変さなどです。これは、基本を身につけることで、
身に付けることができます。


逆に言いますと、基本がしっかりとしていないと
感覚だけになり、伸びしろや正確さ、安定感に欠けます。


では、基本を身に付けるという話ですが、
基本とは何でしょうか?


世の中には、基本と呼ばれているものは
たくさんあります。


そこで大切なことは、優秀な内容を学ぶということです。
つまり、基本には、優秀なものと優秀でないものがあります。


NLPセミナーでもそうですが、基本を学ぶのがセミナーになりますが、
しっかりと身につけて意識することで、その後、人生の年月や体験
や経験を積み重ねるほどに、学びが深まり、応用できるようになります。


ある経営者さんは次のようにお話ししています。


「優れた基本を学ぶ」


基本を学ぶ時に、でたらめや曖昧、結果のでないものを
学んでも仕方がありません、ですので、基本を学ぶ時は、
しっかりとしたものを学ぶということが大切になります。


ですので、NLPをあなたが学んだとしましたら、
しっかりと活用することが大切になります。


なぜならば、セミナー中だけでなく、日常生活で
活用したかどうかで、違いが出るからです。


結果を出すためにプロセスを大切にする



NLPを学んでいきますと、結果を出せるようになってきます。


もちろん、行動ありきの話です。


では、具体的な話をしていきます。
どのようなプロセスを得ていくのか?
ということが、とても大切です。


結果を出すために、どのようなプロセスを得ていくのかということです。
言い方を変えますと、ゴールに対して必要なプロセスを設定して、
それを行動していきます。


このようにプロセスがどうして大切なのでしょうか?
それは、プロセスにより結果の質が変わるからです。


極端な話をしていきます。


NLPセミナーを学んだ男性は、自分のセルフイメージを高め、
コミュニケーション能力を高め、活用し、お客様や仲間の
自己重要感を満たすことを心がけて行動して行きました。


もともと結果を出していましたが、それ以上の結果と、
お客様の喜びの声と仲間からの信頼や関係性が高まりました。


NLPセミナーを学んだ男性は、その状態を望んでいましたので、
とても良かったと話しています。


そして、もう一人の男性は、いろいろと学びますが、
勝気な性格が先走りすぎました。NLPセミナーを学んだ男性とは対照的で、
仲間を恐怖で動かし、お客様に強引な時がありました。


結果的に、数字は出ていますが、自分の心の平安はなくなり。
部下も精神的に辛くて続きません。チームの数字は減っていきます。


NLPセミナーを学んだ男性との違いは何でしょうか?
それが、プロセスです。結果に対して相応しいプロセスが重要です。
だからこそ、目標設定の際に価値基準を明確にすることが大切です。


大切なことと、絶対にやらないことを明確にします。


同じ業界の様々な人に会って学ぶ



いろいろな角度から一つのことを学ぶ


皆さん自身の中で、これだと思ったことを学び込む際に、そのこれだ
という内容についての優秀な人達にたくさん学ぶことがこれだという
スキルなり、分野でのスペシャリストになる為に必要なことです。

では、もう少し詳しくお話ししていきます。

仮に、あなたがコミュニケーションに関して深めたい、極めたいと
お考えになったとします。この時に、コミュニケーションに関して、
優秀な先生達に学ぶことがベストです。


NLP資格のセミナーでもそうですが、いろいろな先生に学ぶということには、
とても大きな価値があります。なんでだと思いますか?


それは、背景と視点の違いです。
その人の生きてきた背景とコミュニケーションがその人にとって、
どういう目的や意味を持つものなのかで変わります。

NLP資格のセミナーで言えば、もともと心の病気だった方が学ぶNLPは、
本当にセルフイメージ、ビリーフを変えることに視点をおいています。
ビジネスに視点をおいたものや、コミュニケーションに視点を置いたもの、
色々とあります。背景は100人いれば100通りです。

NLPでも教わりますが、NLPでいうラポール(信頼関係)を築くために、
ペーシングしましょうと言っても、先生によりペーシングに関する捉え方、
解釈、工夫や経験が変わります。


もちろん、基本は同じです。しかし、それ以外は個性も入ってきます。
そこから私たちは多くの気づき、視点を学ぶことが可能です。是非、これだという人に
学びつつ、他の先生の書籍やセミナー等でも学びを深めて下さい。


業界の違う素晴らしい人に会う




頭や心を柔軟にするために、異形の方との交流をする。


とても大切な事なのですが、異形の方との交流はありますか?
NLPのニューロ・ロジカル・レベルの環境レベルのお話をしてきました。


その延長で、別の角度からニューロ・ロジカル・レベルでいう
環境レベルについて、一緒に学んで行きましょう。


内容としては、自分が普段会わないタイプの人達と
触れ合う機会を作るということです。


もちろん、その中で自立して生きていて、
さらに、結果を出している方とのふれあいが好ましいです。


ところで、異形の方との触れ合いと、
NLPのニューロ・ロジカル・レベルの環境レベルは、
どのような関係があるのでしょうか?


実はあります。
少し大きな視点で捉えると、私たちは一つコミュニティで
生活をしています。


ですから、どうしてもその中で、
身も心も柔軟にしていると思っていても、
どこか偏ります。


その方よって状態が、それぞれの
NLPのニューロ・ロジカル・レベルでいう
環境レベルになります。


もsjひ仮に、知らぬ間に偏っているとしたら、
その時点で、新しい発想を手に入れるチャンスを
失っていることになります。


そして、普段いる自分の環境が一番自分に影響を与えています。


環境の良さと怖さ、同居しています。


しかし、NLPのニューロ・ロジカル・レベルの環境レベルは、
自分が意識することで、すぐに変えるとが出来ることも多いのです。


ですので、少し異業界、異業種などの「異」が付くものに、
触れて行ってもいいかもしれません。


インスピレーションが変わってきます。


いいものに触れ続ける




NLPのニューロ・ロジカル・レベルの話が続いています。


今回は、NLPのニューロ・ロジカル・レベルの
環境レベルの話をしていきます。


もしも、自分の回りにいる方や
関わる時間が多い方達が、自分にとって
お手本にしたい方達ばかりなら、
とてもありがたい環境です。


では、どうしてありがたいかを
一緒に学んで行きましょう。


それは、脳の性質と関係あります。
よく、長年一緒にいるカップルや夫婦は
似てくるという話があります。


これは現実的な話です。


脳にはニラーニューロンというものがあります。
ミラ-ニューロンとは、見ているものを真似ようと
する働きがあります。


仮に、コミュニケーション能力を
今以上に高めたい、または、コミュニケーション
において自分を変えたいと考えたとします。


そんな時は、コミュニケーションが上手な人達と
一緒に過ごす時間を多く持つことで、自分にも変化が
起きてきます。


もちろんん、漠然と過ごすのではなく、
コミュニケーションに関しての学びを得られる
状態が望ましいです。


NLPで学ぶモデリングも使うと更にいいのですが、
今回は、自分にとって望ましい環境に身をおく。
ということの重要性の話です。


コミュニケーションが上手な人の
コミュニケーションしているシーンを何度も
マッチングの前で見ていると自然にそれに
近づこうとします。


そして、それを更に意識的にモデリングする。
これが大切なのです。



そういう意味ではNLPでいうセルフイメージを高めたい、
感性を高めたいと、もしも考えていらっしゃるとしたら、
いいものに触れ続けたり、身を置く環境を
意図的に作り出すことが有効な時間をつくりだします。


行動から自分が変われる理由




NLPプラクティショナーで学ぶ、
ニューロ・ロジカル・レベルを学んで、
意識するほどに、私たちは過ごしやすくなります。


それは、
・自分の現状と課題が分かる

・何をすると、今以上に良くなるか、
 変われるか、高まるかが分かる


その中で、行動からの変化について、
ご紹介させて下さい。


実は、私たちは「自分はこういう人間で在りたい」
と常々思っていますが、現実はどうでしょうか?


実はNLPプラクティショナーでは、
次のことを学ぶことができます。


こうなりたい、こうありたいという自分のイメージに対して、
そのとおりに行動します。


とても意味のあることです。
なぜならば、私たちは行動することで、
自分を認めるからです。


例えば、NLPでいうセルフイメージを設定します。
「こうなりたい」というイメージです。


次に行動します。この時に行動することで、
無意識は行動したということを認識します。


つまり、NLPのニューロ・ロジカル・レベルで、
行動レベルからを高めよう、変わろうと考えている場合
行動したという認識が、証拠になります。


その証拠がもとで、自分は行動できる人間と認識が強まります。
その積み重ねの中で、ビリーフやセルフイメージが高まります。


ですので、何か行動を起こす際は、
意図的な行動をイメージして、行動しながら、
自分で証拠を認識します。


これがNLPのニューロ・ロジカル・レベルで教わる、
行動レベルからの変化です。


他にも、たくさんの視点がありますので、
実践しながら、学んで行きましょう。


ニューロ・ロジカル・レベルの5段階




「今の自分に相応しいことが起きている」


これがセルフイメージのポイントです。
NLPのセルフイメージを捉えていくと、
無意識に、自分が持っているセルフイメージに
相応しいイメージに近づいて行きます。


「自分はどんな人間なのか?」


という質問に答えていくと、
多くのシチェーションでのセルフイメージが
明確になってきます。


では、自分のセルフイメージを
高めるためにはどうしたらいいのでしょうか?


NLP資格のセミナーで学ぶセルフイメージを
学んで行くと分かりやすいです。


5つの段階から、NLPではセルフイメージの変化や
向上に対してアプローチで きます。


NLPのニューロ・ロジカル・レベルの詳しいお話は、
もう少し後にお伝えします。


まずは、5つの段階を一緒に見てきましょう。


<NLPのニューロ・ロジカル・レベル>


1、環境レベル
2、行動レベル
3、能力レベル
4、信念や価値観レベル
5、セルフイメージレベル


この5つの段階を意識すると、
セルフイメージアップに活かしやすいです。


そして、5つの段階から見ていくと
自分の現状のセルフイメージを明確にしていくこともできます。


まずは、この5つの段階を覚えると分かりやすいです。


NLPを名古屋で学んだ女性は、
5つの段階を次のように活用しました。


・自分はどんな環境を持っているのだろうか?
・自分はどうんな行動をする人間なのだろうか?
・どんな能力を持っている人間なのだろうか?
・どんな信念や価値観を持っている人間だろうか?


いろいろとイメージをしてみましょう。